赤ちゃんのアトピーは治る可能性が高いので早期に治療しましょう

親子

調乳の強い味方

赤ん坊

辛い夜中のミルク作りには保温機能のある水筒を使いましょう。調乳の手間が省け簡単にミルクを作ることが出来便利です。水筒を選ぶ時には、保温機能が高く、頑丈で漏れにくいものを選びましょう。

詳細を読む

ミルク作りにも活用

お水

ウォーターサーバーは赤ちゃん がいる家庭にも多く使われています。その理由はミルク作りを簡単に行うことができるからです。また水を配達してくれるので買い物に行く手間がかからず便利です。

詳細を読む

不純物を取り除いたRO水

手

赤ちゃんはデリケートなため色々なことに気を使います。水を選ぶときはミネラルが入っていないものを選ぶ必要があります。不純物を徹底的に取り除いたRO水はミネラルも含まれず赤ちゃんに最適でしょう。

詳細を読む

原因は遺伝と環境

赤ちゃん

昔に比べアトピーにかかる人が増えています。また赤ちゃんや子どものアトピーに悩んでる方も多くいると思います。アトピーとは皮膚の病気で、痒みを伴い体のいたるところにできる病気です。アトピーには二種類あり赤ちゃんに多い乳幼児アトピーとアレルギーによるアトピーがあります。乳児アトピーとは乳児湿疹のことで、脂漏性湿疹や新生児ニキビなどがあります。乳児湿疹の場合、生後4、5ヶ月で自然に治まることが多く、それ以後も症状がある場合アトピーとして診断され、治療や検査が行われます。アレルギーによるアトピーは、環境によるものと親からの遺伝によるものが関係していると言われています。遺伝の場合は生まれつきのものです。環境によるものは食べ物や、ハウスダスト、花粉などのアレルギーや食品添加物や家具や家などからでる化学物質が原因ともされていて、アレルギーの原因を突き止め、原因を除去することが大切とされています。また多くのアレルギーは、3歳頃をピークに良くなり、自然に治る事が多いので、この時期まではあまり深刻に考えなくても良いといえるでしょう。アトピーの治療で大切なのはスキンケアです。アトピーに大切なことは保湿、洗浄、保護の3つです。まず皮膚を清潔に保つ用心がけましょう。入浴など行なった後はクリームなどを付けて保湿します。乾燥すると酷くなり、痒みも強くなるので保湿を行なうことがとても大切です。また痒くてもかきむしらないよう心がけましょう。